借金を返済する方法
一本化に最適な金融会社
借金一本化する方法
特定調停・個人民事再生
借金返済の基礎知識
サブメニュー
お勧めリンク
■借金返済の正しい知識を身につけましょう。

借金が多額になってしまい、返済などに困るようになった場合はどうすればよいのでしょうか。

 

自己破産という言葉はよく耳にしますが、破産する前に少しでも返済金額を減らせば何とかなるようでしたら、「特定調停」という手段を取ることが出来ます。

 

特定調停とは、簡易裁判所において、特定調停申し立てということを行うと本来利息制限法で定められた金利上限に対して、過払いな部分をカットし
調停和解した日から分割で支払っていくというシステムです。

 

この特定調停は、簡易裁判所で扱っていることもあり、法律的な知識のない個人でも比較的簡単に調停申し立てが出来、弁護士や司法書士を仲介する時のように高い費用が発生しないというメリットがあります。

 

まずは、どのくらい特定調停によって減額出来るのか簡易裁判所などに問い合わせてみてもいいかもしれません。



■自己破産

借金などが多額になり、どうやりくりしても自転車操業状態で返済するのが困難になってしまった場合は、最終手段である「自己破産」という方法もあります。

 

自己破産は、みなさんもよくご存知のように借金は原則として返済義務がなくなり、法律上はすぐに取り立てなども行えなくなるため、今までの苦労などはなくなる
ことがメリットです。

 

逆に様々なデメリットがあります。例えば、ブラックリストに記録が残ってしまうため、約7年間は借入などは出来ない場合が多いです。また、本籍地に破産者として名簿に記載されてしまう、など自己破産したということがずっと尾を引くことです。

 

但し、自己破産というとマイナスイメージが強いですが、そこから人生を立て直した人は大勢いますので、どちらかというと「再出発」という前向きな考えで捉えたほうが良いかもしれません。


Copyrightc 2008 hensai-okane.com